生方美久の身長や生年月日はいつ?脚本した作品についても!

人物

脚本家である生方美久さんはドラマ「silent」で注目を浴びている話題の人ですよね!

脚本のすばらしさを絶賛されていますが、生方美久さん自身はどんな方なのでしょうか?

身長や生年月日などのプロフィールが気になりませんか?

生方美久さんについて調べてみたいと思います。

また脚本をした作品についてもまとめていきます。

生方美久の身長や生年月日はいつ?

生方美久の脚本した作品は何がある?

についてみていきたいと思います。

生方美久の身長や生年月日はいつ?

生方美久さんの身長は公表されていないので、わかっていませんが165㎝くらいと予測しています。

生年月日は1993年5月10日で年齢は29歳(2022年12月時点)です。

 

生方美久さんの身長の手がかりになるものはないか探しましたが、今のところは見つかっていません。

第4話の演出を担当した品田俊介監督と。

品田さんより少し背が低いですね。

品田さんの身長がわかっていないので、目安になっていませんが・・・

 

産経新聞に第33回フジテレビヤングシナリオ大賞の受賞者の写真が載っています。(産経新聞の画像をご覧ください)

記事はこちら

受賞者が並んでいる様子を見ると、他の女性よりは背が高いので、165cmくらいある印象です。

生方美久さんは、日本人女性の平均身長157cmよりは高めだと思われますね。

生方美久プロフィール

生方美久  (うぶかたみく)

1993年5月10日  29歳(2022年12月時点)

群馬県富岡市出身

脚本家

 

2021年にフジテレビヤングシナリオ大賞で大賞を受賞しています。

高崎商科大学附属高等学校を卒業し、群馬大学医学部保健学科へ入学します。

卒業後は看護師や助産師をしています。

シネマテークたかさきでアルバイトをしたりしながら脚本を学びます。

フジテレビヤングシナリオ大賞には、3回目の応募作品の『踊り場にて』で第33回の大賞を受賞しました。

 

連続ドラマでの脚本デビューが「silent」ということで、わずか1年もしないうちにドラマの脚本家として抜擢されるなんてすごいことですよね!

生方美久の脚本した作品は何がある?

生方美久さんが脚本した作品は、フジテレビヤングシナリオ大賞をとった「踊り場にて」、そして話題作となった「silent」があります。

「踊り場にて」

「踊り場にて」は2021年12月31日にフジテレビで放送されています。

主演は瀧本美織さん。

夢と向き合うことを、自分が受け持つクラスの生徒を通じて考えていくストーリーです。

演じた瀧本美織さんは、

「好きな台詞がいくつもあった」

「心に刺さる言葉がたくさんあった」

と話しています。

 

生徒役を演じた俳優さんからも、

「優しい台本だった」

「脚本の一言一言に励まされた」

「脚本を読んで物語の世界にスルスル溶け込んだ」

と言った声があり、生方美久さんの脚本には、見る側だけでなく演者も惹き込まれる魅力があるのがわかりますね。

「silent」

ドラマを見ている方はわかると思いますが、脚本が本当に繊細で人物の感情を細やかに表現していて、今流行りの倍速だと見逃してしまいます。

出演している川口春奈さんや目黒蓮さんも「脚本が本当に面白くて、次の回の本が来るのが楽しみで仕方ない」と言うほどです。

silentでいつでもキュンキュンしたい方はDVDでどうぞ!
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

silent -ディレクターズカット版ー DVD-BOX [ 川口春奈 ]
価格:22022円(税込、送料無料) (2022/12/25時点)

楽天で購入

 

silentでは、生方美久さんの脚本の魅力が存分に発揮され、脚本だけでなく俳優陣の演技力なども加わり、より素敵な作品となっています。

ドラマを見るとその世界にスっーと惹き込まれ、めちゃめちゃ感情移入してしまいます。

それだけ、生方美久さんの脚本の素晴らしさがあるからなんでしょうね。

silentのシナリオブックはこちら!
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

silent シナリオブック 完全版 [ 生方美久 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2022/12/25時点)

楽天で購入

 

まとめ

生方美久さんの身長や生年月日、脚本作品についてみてきました。

身長は公表されていませんが、他の方との比較で165cmくらいと予想します。

生年月日は1993年5月10日で2022年で29歳です。

脚本作品は「踊り場にて」と「silent」です。(2022年12月時点)

 

まだまだ脚本家として始まったばかりの生方美久さんですが、今後携わるドラマや活躍がとても期待されますね。

素敵なドラマをぜひ作っていってほしいですね!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク
人物
きらきら便り