RESULT

2018.11.10-11 世界一決定戦 セブリング・インターナショナル・レースウェイ

2018 GLOBAL MX-5 CUP JAPAN シリーズポイント結果(最終)

2018.9.24 GMCJ第5戦 富士

2018.8.19 GMCJ第4戦 岡山

GMCJ第3戦 鈴鹿

GMCJ第2戦 ツインリンクもてぎ

GMCJ第1戦 SUGO

2018.03.10 SUGO GMCJ第1回合同テスト


ポイントランキング

No. ゼッケン ドライバー Rd.1 Rd.2 Rd.3 Rd.4 Rd.5 合計 有効
シリーズポイント No.1 1 堤 優威 20 20 20 15 75 75
シリーズポイント No.2 84 吉田 綜一郎 15 12 12 12 20 71 59
シリーズポイント No.3 12 梅田 剛 0 15 10 15 8 48 48
シリーズポイント No.4 85 佐々木 孝太 0 10 20 12 42 42
シリーズポイント No.5 88 村上 博幸 0 8 15 10 33 33
シリーズポイント No.6 6 小原 健一 12 4 8 6 4 34 30
シリーズポイント No.7 58 梶谷 太郎 10 3 6 4 2 25 23
シリーズポイント No.8 86 TOMISAN 6 0 8 6 20 20
シリーズポイント No.9 1 山野 直也 10 10 10
シリーズポイント No.10 11 植田 正幸 8 8 8

ポイントランキング

No. ゼッケン ドライバー Rd.1 Rd.2 Rd.3 Rd.4 Rd.5 合計 有効
Best Over 45 賞 No.1 06 小原 健一 12 4 8 6 4 34 30
Best Over 45 賞 No.2 58 梶谷 太郎 10 3 6 4 2 25 23
Best Over 45 賞 No.3 86 TOMISAN 6 0 8 6 20 20
Best Over 45 賞 No.4 11 植田 正幸 8 8 8

ポイントランキング

No. ゼッケン ドライバー Rd.1 Rd.2 Rd.3 Rd.4 Rd.5 合計 有効
Best Rookie 賞 No.1 1 堤 優威 20 20 20 15 75 75
Best Rookie 賞 No.2 12 梅田 剛 0 15 10 15 8 48 48
Best Rookie 賞 No.3 06 小原 健一 12 4 8 6 4 34 30
Best Rookie 賞 No.4 58 梶谷 太郎 10 3 6 4 2 25 23
Best Rookie 賞 No.5 86 TOMISAN 6 0 8 6 20 20
Best Rookie 賞 No.6 11 植田 正幸 8 8 8

※第2戦もてぎ大会での控訴について7/25にJAFモータースポーツ審査委員会より控訴棄却の裁定書が公示されたため、上記が正式結果となりました。

シリーズポイントを集計して決定した順位により、下記の賞典がドライバーに授与される。
1位 マツダカップ 賞金500,000円 世界一決定戦出場権
2位 トロフィー 賞金250,000円 世界一決定戦出場権
3位 トロフィー 賞金100,000円
4位 トロフィー 賞金70,000円
5位 トロフィー 賞金50,000円
6位 トロフィー 賞金30,000円
※シリーズ賞典は、年間の各クラスの平均出走台数により、賞の制限を行う。入賞は6位を超えない出走台数の50%(端数切捨て)とする。

・JAFは、最高得点者を地方選手権保持者として認定し、JAF資格認定証およびJAFが別に定める「JAFモータースポーツ賞典規定」による賞典を授与する。

特別賞典
1. Best Over 45賞
2018年1月1日時点で45歳以上となるグローバルクラスのドライバーを対象として(ただし、事前に本人が希望されない意志を示した場合には対象外とする)、シリーズポイントが最上位のドライバーに賞典として記念盾を授与する。
2. Best Rookie賞
2018年度シーズンから初参戦するグローバルクラスのドライバーを対象として、シリーズポイントが最上位のドライバーに賞典として記念盾を授与する。
3. Best Woman賞
グローバルクラスの女性ドライバーを対象として(ただし、事前に本人が希望されない意志を示した場合には対象外とする)、シリーズポイントが最上位のドライバーに賞典として記念盾を授与する。※2018年度 該当者なし

2018 GLOBAL MX-5 CUP JAPAN シリーズポイント結果(最終)
・順位判定は、最終周回を完了し本コースコントロールライン上でチェッカーフラッグを受けた者に対してのみ行われる。
・最終周回を完了した車両の中で走行周回数が優勝車両の70%(端数切り捨て)に達してない車両は順位の認定を受けられない。
・各大会の決勝レースで完走したグローバルクラスのドライバーには、下記の表に基づいてシリーズポイントが授与される。
・得点を得る車両は、当該レースにおける優勝車両が走行した周回数の90%(小数点以下切捨て)以上の周回数を走行していなければならない。
・複数のレースに出場して得た得点のうちから、高得点順に、成立したレースの合計数の70%(小数点以下四捨五入)の得点を合計をシリーズポイントとする。開催されたレースの合計数が5回に満たない場合、開催されたレースの全てがシリーズポイントの対象となる。
・複数のドライバーが同一のシリーズポイントを得た場合、次の基準に基づき上位者を決定する。
 ①有効得点(上記3項によるシリーズポイントの対象レースで得た得点)の範囲内で高得点を得た回数の多い順に順位を決定する。
 ②上記①の回数も同一の場合、当該競技者が獲得したすべての得点の内、高得点を得た回数の多い順に順位を決定する。
 ③上記①および②の方法によっても順位が決定できない場合は、最終戦における得点をもって決定する。最終戦の得点によっても順位が決定できない場合は、最終戦の前の競技会における得点というように遡って順位が決まるまで続ける。