RACE REPORT

カーナンバー「1」堤が、開幕戦を完全制覇

2018年4月18日

カーナンバー「1」堤が、開幕戦を完全制覇

4月15日、GLOBAL MX-5 CUP JAPAN(GMCJ)の2年目のシーズンがスポーツランドSUGOで開幕。世界を目指すグローバルクラスに8台がエントリーし、注目の若手のひとり、堤優威がデビュー戦をポールtoウインで制しました。 夜来の雨こそ上がったものの、路面は完全にウエット。8時55分から30分間の公式予選は全車レインタイヤでのスタートですが、走るにつれて路面が乾いてきます。各車のタイムも上がりはじめ、85号車・佐々木孝太が1分46秒097で最上位。12号車のルーキー梅田剛は、他車より4周ほど遅れてコースイン。寺田陽次郎監督率いるチームTERRAMOSからの参戦で、パーティレース時代同様、予選は最後に出陣する宮本武蔵流を貫きました。そんな中、1周目に1分46秒737を出したままタイムが伸びなかった1号車の堤優威がピットイン。ドライ路面用のスリックタイヤに交換します。それを見て同じ作戦をとったのが佐々木。レインタイヤで走行を続けた84号車・吉田綜一郎が1分46秒071でいったんトップに出たものの、コースに戻るといきなり堤が1分45秒台、佐々木が1分44秒台に突入。もはやレイン

全文を読む

GLOBAL MX-5 CUP JAPAN 合同テスト① スポーツランドSUGO 

2018年4月10日

合同テスト①

GLOBAL MX-5 CUP JAPAN 合同テスト① スポーツランドSUGO 

北米仕様のマツダMX-5(ロードスターの輸出名)をベースにした、世界統一スペックによるハイレベルなワンメイクレースの日本シリーズGLOBAL MX-5 CUP JAPAN(GMCJ)の2年目のシーズンが、いよいよ動き出しました。3月10日、宮城県のスポーツランドSUGOで約1カ月後の開幕戦に向けた合同テストが開催されました。 すでに発表の通り、今シーズン年間エントリーを済ませたのは8チーム9名と、少し数が減りました。さらに今回のテストは出走4台だけでしたが、今年デビューするルーキー3名が登場。中でもロードスター・パーティレースのチャンピオンを経て、スーパー耐久レースで活躍した実績を持つ若手2名の走りに注目が集まりました。 当日は絶好のコンディションに恵まれ、カップカーの走行は10時30分からと13時からのそれぞれ1時間です。最初のセッション序盤では2016年のパーティレース日本一王者、12号車の梅田剛が1分38秒台前半を連発してリードします。梅田は昨年、チームNOPROのデミオでスーパー耐久に参戦して2回の優勝に貢献しましたが、GMCJにはミスター・ルマンこと寺田陽次郎監督率いるチーム

全文を読む

GLOBAL MX-5 CUP Challenge マツダレースウェイ・ラグナセカ

2017年10月18日

GLOBAL MX-5 CUP Challenge マツダレースウェイ・ラグナセカ

パトリック・ギャラガーがGLOBAL MX-5 CUP世界一決定戦で優勝 10月14日(土)にマツダレースウェイ・ラグナセカで「マツダMX-5使い世界一決定戦」であるGLOBAL MX-5 CUPチャレンジの決勝2レースが行われ、オハイオ州出身のパトリック・ギャラガー(25歳)が優勝。2週間前に獲得したGLOBAL MX-5 CUPアメリカシリーズの年間チャンピオン賞金20万ドルに今回の7.5万ドルをボーナスとして加えることとなりました。また、日本代表として参加した山野哲也は第1レースを12位、第2レースを11位で完走。同メディア代表の大井貴之は2レースとも16位で終えています。 幸運を手に入れたギャラガーは、「(ペナルティを受けた)第1レースが終わった時、総合優勝を諦めかけました。しかし、チームのおかげで優勝を手にすることができました。スポンサーや支えていただいた多くの方々に感謝します。この巨額の賞金を何に使うかはまだ決めていませんが、来シーズンの参戦計画が楽になったのは間違いないですね。本当は少し遊びたいですが・・。こんな素晴らしいスカラシップ賞金とボーナスを用意してくれたマツダに

全文を読む

GLOBAL MX-5 CUP JAPAN 第5戦 富士スピードウェイ

2017年9月27日

GLOBAL MX-5 CUP JAPAN 第5戦 富士スピードウェイ

吉田綜一郎が今季2勝目をあげるも、チャンピオンは山野哲也の手に 9月24日、グローバルMX-5カップ・ジャパン(GMCJ)の最終戦「2017 GLOBAL MX-5 CUP JAPAN FINAL」が富士スピードウェイで行われました。出走したのは世界を目指すグローバルクラス11台、日本独自のエンブレムクラス2台の計13台。この1戦で決まるグローバルクラスのチャンピオンは、米国で開かれる「世界一決定戦」への挑戦権を手にします。 サーキットは雲に覆われているものの、気温が低めで絶好のコンディションです。8時50分から30分間の公式予選が行われましたが、常設コースでは世界最長という1.5kmのストレートのあるこのコース。スリップストリームを利用すると一気に好タイムが狙えるとあって、各車ともタイミングを探り合い、最初から走り始めたのは84号車・桧井保孝とメディア枠のTeam“Be a racing driver”2台の計3台のみ。ようやく88号車・村上博幸がピットを出ると、8台が続いてコースに入りますが、それからも様子を見合って、1周2分30秒前後の「ノロノロ運転」。さらに満を持して、予選開始

全文を読む

GLOBAL MX-5 CUP JAPAN 合同テスト⑤ 富士スピードウェイ

2017年8月26日

GLOBAL MX-5 CUP JAPAN 合同テスト⑤ 富士スピードウェイ

チャンピオンの可能性を残す3名が2分04秒台で火花を散らす 今年から始まったGLOBAL MX-5 CUP JAPAN(以下GMCJ)も、いよいよフィナーレが近づいてきました。9月24日に最終の第5戦が開催される舞台は静岡県の富士スピードウェイ。常設コースでは世界一となる約1.5kmの長いホームストレートを誇る、日本を代表するサーキットです。 本番のちょうど1カ月前となる8月24日、その富士で最終戦に備えた合同テストが行われ、8台8チームが参加しました。天候は晴れ時々曇りで路面はもちろんドライ。この季節にしては比較的過ごしやすい気候ですが、もちろんドライバーたちには汗だくの試練です。走行は10時30分からと、13時からの2回。それぞれ55分間のフリー走行です。 1回目のセッションでトップタイムの2分04秒638をマークしたのは、740号車の吉田綜一郎。シリーズチャンピオンを決めるポイントは、5戦中の4戦の合計。吉田はポイントランキング2位(215)と、逆転チャンピオンにはかなり厳しい状況ですが、奇跡を信じて走行をこなします。 吉田にわずか0.008秒差の2分04秒646で続いたのが、7

全文を読む

1 / 3123