日テレの韓国ゴリ押しの理由3つ!フジより酷い件についても!

テレビ

日本テレビはオーディションをよく番組で企画・放送していますよね。

特に韓国をゴリ押しているのでは?と感じてしまう人が多いようです。

また、日テレ系の音楽特番でも、最近は韓国アーティストをよく出演させている印象です。

なぜ日本テレビは韓国をゴリ押ししているようにみえるのでしょうか。

以前フジテレビも韓国押しを批判されていましたが、それより酷いとも言われています。

日テレの韓国ゴリ押しの理由は?

日テレの韓国ゴリ押しがフジより酷い件

についてみていきたいと思います。

日テレの韓国ゴリ押しの理由3つ!

日テレの韓国ゴリ押しは視聴率のためと、韓国事務所との繋がり、第4次韓国ブームだと思われます。

1.番組の視聴率

まずは、番組の視聴率というのがあります。

今や韓国は流行の発信地であり、K-POP人気も高く、韓国グルメやファッションも世間では多く取り入れられていますよね。

 

日本テレビは過去にオーディション「虹プロジェクト」で、NiziUのデビューまでを「スッキリ」で特集を組んで追っていました。

この企画は大成功だったと思います。

Huluで虹プロジェクトを2週間無料トライアルで見る!

Hulu 虹プロジェクト

スッキリで取り上げることにより、オーディションに参加している女の子たちを視聴者は応援したくなり、オーディションが気になる人はHuluでその行方を見守ります。

Huluは日テレの子会社なので、日テレとしてはHuluに登録してもらうことも狙っているのでは?と感じます。

 

今回も「HYBE LABELS JAPANグローバルデビュープロジェクト」を特集して、応援番組「&AUDITION」として&TEAMを追っていますよね。

スッキリという多くの人が見る番組でオーディションの特集を組めば、特に見ようと思ってなかった人でも必然的に目に入るので、知らず知らずのうちにオーディションが気になってしまいます。

そして、オーディションが気になる人はスッキリを見ますし、その分視聴率は付いてきます。

韓国に関わらず、日テレはオーディション番組を取り上げることが多いですよね。

 

2.韓国事務所との繋がり

虹プロジェクトでは、韓国事務所「JYP」とタイアップしていたので、オーディションでデビューしたグループを全面的に推すのは当たり前だと思います。

きっと、オーディションを放送するにあたって、日テレとJYPで契約みたいなものがあると思います。

&TEAMも日テレで今後も取り上げてもらうと思われます。

実際に日テレで冠番組「&TEAM学園」を持っていますしね。

Huluで&TEAM 学園を2週間無料トライアルで見る!

Hulu &TEAM学園

HYBEとそういった契約があるのではないでしょうか。

また、スッキリ以外でも音楽番組で如実にその傾向が現れていると感じます。

「ミュージックデイ」「ベストアーティスト」「発表!今年イチバン聴いた歌~年間ミュージックアワード2022~」などの音楽特番では、韓国のアーティストが何組か出演していました。

出演したアーティストはJYPはもちろん、HYBE系列の事務所所属が多かったです。

 

「ミュージックデイ」

  • NiziU・・・JYPエンターテイメント
  • LE SSERAFIM・・・HYBE傘下のレーベル・SOURCE MUSIC

 

「ベストアーティスト」

  • &TEAM・・・ HYBE LABELS JAPAN
  • gaho・・・Planetarium Records(PLT)
  • ジェジュン・・・C-JESエンターテイメント
  • StrayKids・・・JYPエンターテイメント
  • SEVENTEEN・・・HYBE 傘下のレーベル・ PLEDIS エンターテイメント
  • NiziU・・・JYPエンターテイメント
  • LE SSERAFIM・・・HYBE傘下のレーベル・SOURCE MUSIC

 

「今年イチバン聴いた歌」

  • NewJeans・・・HYBE傘下のレーベル・ADOR
  • LE SSERAFIM・・・HYBE傘下のレーベル・SOURCE MUSIC
  • KARA・・・LOENエンターテインメント
  • NiziU・・・JYPエンターテイメント

   ・・・JYP      ・・・HYBE

こうやって見ると、参加しているアーティストの多くがJYPかHYBEというのがわかりますね。

NiziUとLE SSERAFIMは全てに出演しています。

3.第4次韓国ブーム

日本では第4次韓国ブームが来ています。(2022年時点)

K-POP、韓国ドラマ、韓国グルメ、韓国ファッションと、時代の流行は韓国から来ていますよね。

第1次韓国ブーム

2003年〜2004年

  • 韓国ドラマ「冬のソナタ」がきっかけ
  • 東方神起が日本で活動始める
  • (2002年)Boaがミリオンヒットを出す

第2次韓国ブーム

2010年頃

  • KARA、少女時代、BIGBANGなどが日本に進出

第3次韓国ブーム

2016年〜2017年頃

  • BTSやTWICEなどのアイドルグループの登場
  • チーズタッカルビやチーズハットグなどの韓国グルメが流行る
  • 10〜20代の若者が新大久保や鶴橋などのコリアンタウンに行くようになる

第4次韓国ブーム

2020年頃~

  • 日本国内での唐揚げがブームになり、コチュジャンを使った甘辛ソースを絡めたヤンニョムチキンが人気となる
  • コロナ禍でのテイクアウト需要が増える
  • SNSで「おうちカフェ」も流行り、SNS映えするタルゴナコーヒートゥンカロンなどが話題となる

 

2022年時点では第4次韓国ブームにより、韓国が常に注目されていますので、需要のある韓国の話題を取り上げないわけがないですよね。

 

日テレの韓国ゴリ押しがフジより酷い件

以前は韓国押しをしていたのは、フジテレビでした。

2010年~2011年頃、フジテレビは韓国をゴリ押ししていたと言われてます。

ですが、視聴者からの激しいバッシングにあい、撤退しています。

 

事の発端は俳優の高岡奏輔さんが「フジテレビは韓流ドラマを放送し過ぎている」とツイートしたことによります。

2ちゃんねるの掲示板でデモが企画されることになり、2011年の夏に大規模なデモに発展します。

その様子がニコニコ動画やユーチューブで視聴されて、フジテレビへの批判はより広まることになりました。

 

当時フジテレビは月~金に午後に「韓流α」という枠があったり、「ミュージックフェア」などの音楽番組に東方神起やKARAなどのK-POPグループがたびたび登場していました。

そういったこともあり、「フジテレビは韓国ゴリ押し」の印象がついているようです。

 

フジテレビが韓国を取り上げなくなり、その代わりではないと思いますが日テレが最近は韓国を多く取り上げるようになりました。

 

ドラマ「君と世界が終わる日に」出演していたキム・ジェヒョンさんが「スッキリ」に生出演して、“ドラマ初出演、光る演技力”とかなり持ちあげられていましたが、ドラマを見ていない人からは「誰?」「なぜ韓国人?」といったコメントが出ていました。

先ほど、韓国ゴリ押しの理由のところでもあったように、韓国の事務所のオーディションを取り上げる、音楽番組に国内のアーティストではなく韓国事務所のアーティストの出演をさせるといったこともあり、フジテレビより酷いのでは?と思う人が多いようです。

実際には日テレが韓国をゴリ押ししているのかはわかりませんが、視聴者の目にはそう映っていることは事実ですね。

まとめ

日テレが韓国をゴリ押ししている理由などについてみてきました。

日テレが韓国をゴリ押ししているのかは定かではありませんが、韓国事務所と契約があるのでは?と思われます。

また視聴者からは「韓国をゴリ押ししている」と映っていることは事実です。

そんなことからテレビが面白くない、日テレは見たくないと思う人もいるようです。

今話題のことを取り上げるのがテレビやメディアではあるので、仕方のないことかもしれません。

ただ度が過ぎると嫌になってしまうことはありますね。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク
テレビ
きらきら便り