紅白歌合戦2022観覧申し込みはいつから?当落や倍率についても!

テレビ

NHK紅白歌合戦2022の観覧募集があることが発表されましたね!

2年ぶりのNHKホールでの紅白歌合戦を見に行きたい人も多いでしょう。

そこで観覧申し込みはいつからどうやってやるのか気になりますよね。

当落結果はいつか、倍率も知りたいですね。

 

ここでは

紅白歌合戦2022観覧申し込みはいつからか

紅白歌合戦2022観覧の当落はいつか

紅白歌合戦2022観覧の倍率はどれくらいか

についてみていきます。

紅白歌合戦2022観覧申し込みはいつから?

紅白歌合戦2022観覧申し込みは2022年10月6日(木)から始まっています。

申込期間:2022年10月6日(木)~10月20日(木)23:59

申し込み方法

インターネットのみ(スマホ・PC)

入場は無料です。

申し込みはこちら

※申し込みは受信料を払っている方に限る

  1. 注意事項確認
  2. 申し込み専用メール送信
  3. 申し込みフォーム入力(来場者の名前・生年月日・電話番号・住所入力/申込者・同伴者とも本確認あり)
  4. 申し込み内容確認
  5. 申し込み完了

10月20日(木)23:59までに手続きを完了してください。

細かな注意事項は申し込みページで確認してください。

紅白歌合戦2022観覧の当落はいつ?

紅白歌合戦2022の当落は以下の日時です。

2022年12月12日(月)13:00以降

申し込み者全員に2022年12月12日(月)13:00以降に抽選結果がメールで通知されます。

「申し込み確認ページ」でも確認できます。

あわせて入場整理券も郵送されます。

当選者には2022年12月28日(水)15:00以降「申し込み確認ページ」にて座席がお知らせされます。

紅白歌合戦2022観覧の倍率は?

紅白歌合戦2022の当選倍率は60.5倍以上となりました。

過去、2018年の当選倍率は815倍、2019年は1,003倍といった情報があり、それまではハガキ応募で重複もOKだったためかなりの倍率でした。

ちなみに2021年の応募件数は121,425件(インターネット応募)で当選数は1,242件(1件2名までのため)でした。

約97倍ですね。

 

今回はインターネットでのみの応募となり、申込者の世帯の放送受信契約1件、同じメールアドレス、同一電話番号での重複はできません。

ですので倍率は過去の倍率ほど多くないと思いますが、それでも簡単に当たる倍率にはならないと思います。

計算は次でみていきます。

NHKホールのキャパと当選数

NHKホールのキャパは3,800人(席)です。

1応募で2名応募となるので、当選数は単純にその半分の1,900人(席)となります。(実際にはもう少し少なくなるかもしれません)

申し込み数

NHK紅白歌合戦の公式Twitterのフォロワー数は57.5万人。

そのうちの2割くらいの人が応募すると仮定します。

575,000人×2割=115,000人

115,000人が応募すると予想します。

当選倍率

当選倍率は申込み人数÷当選数となります。

115,000人÷1,900人(席)=60.5倍

実際には当選数はもう少し少ないと思いますので、それ以上の倍率となる可能性があります。

過去より倍率は低いですが、やはり早々簡単には当たりそうにないですね。

運に任せるしかないですね。

まとめ

紅白歌合戦2022観覧申し込みはいつからか、当落や倍率についてみてきました。

観覧の申し込みは始まっていますので、締め切りに間に合うように応募を完了してくださいね。

当落結果は全員にメールで通知されます。

倍率は過去よりは低いものの、なかなか当たりにくいことには変わりないです。

あとは運に任せて応募しましょう。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

[box06 title=”あわせて読みたい”]紅白歌合戦の観覧途中で退場は出来る?本人確認は何がいる?[/box06]

スポンサーリンク
テレビ
きらきら便り