NEWS

2018年12月18日

「GLOBAL MX-5 CUP JAPAN」
2019年度暫定カレンダー発表

「GLOBAL MX-5 CUP JAPAN」<BR>2019年度暫定カレンダー発表

「GLOBAL MX-5 CUP JAPAN(主管:株式会社ビースポーツ、シリーズ協賛:マツダ株式会社)」の2019年度暫定カレンダーを発表しました。2019年度も、スポーツランドSUGO、鈴鹿サーキット、ツインリンクもてぎ、岡山国際サーキット、富士スピードウェイと、日本を代表する国際サーキットを舞台に全5戦のシリーズ戦の開催を予定しています。
「GLOBAL MX-5 CUP」は、すでに先行してアメリカで開催されている人気のレースシリーズをグローバルに展開し、世界同一仕様車で、世界統一ルールによる公平な環境の基、世界一のMX-5(ロードスター)レーサーを目指す機会を提供する、画期的なレースプログラムです。
2017年より国内シリーズがスタートし、2018年は国内シリーズチャンピオンの堤優威選手と同シリーズ2位の吉田綜一郎選手の2名が、2018年11月10日~11日にセブリング・インターナショナル・レースウェイ(アメリカ・フロリダ州)にて行われた世界一決定戦「2018 Global Mazda MX-5 Cup Challenge」に日本代表選手として挑戦しました。2019年度も世界一決定戦は10月以降にアメリカにて開催予定です。

カップカーは、北米仕様の2.0Lエンジン、左ハンドルのMX-5をベースにLong Road Racing社(米国)が製作し、株式会社キャロッセが輸入販売、サポートを行っています。エンジンを除き、吸排気や足回り、ブレーキ、ミッションなどの大半のパーツがレース用に強化され、エンジンやECUなどの主要なパーツは輸入前にLong Road Racing社で封印が行われ、ほぼ全てのパーツが指定されているため、世界中のカップカーは高いイコールコンディションが保たれます。なお、、2018年のロードスターの商品改良により、北米では高回転域で出力性能を15%以上高めたエンジンを搭載する新型のカップカー(ND2)を導入しますが、日本は引き続き現行モデルのカップカー(ND1)を継続使用します。

国内選手権のタイトルをかけて1人で45分間のスプリントレースに挑むGLOBALクラスと、ホビーレーサーを対象に二人一組で挑戦できるEMBLEMクラスが設定されています。GLOBALクラスには、総額600万円の賞金と、シリーズ上位2名には世界一決定戦への出場権が与えられ、スプリントレースでは国内屈指のハイレベルな戦いが2019年も繰り広げられることでしょう。

■『GLOBAL MX-5 CUP JAPAN』実施概要(予定)
1)レース名称:GLOBAL MX-5 CUP JAPAN(グローバルMX-5カップジャパン)

2)開催スケジュール予定:計5戦

大会 開催日程 開催コース レース時間
第1戦 4月14日(日) スポーツランドSUGO(コース全長:3.704km) 予選:20分間

決勝:45分間

第2戦 5月12日(日) 鈴鹿サーキット(コース全長:5.807km)
第3戦 7月7日(日) ツインリンクもてぎ(コース全長:4.801km)
第4戦 7月28日(日) 岡山国際サーキット(コース全長:3.703km)
第5戦 9月23日(月/祝) 富士スピードウェイ(コース全長:4.563km)

◇合同テスト:第1回 3月23日(土)スポーツランドSUGO
◇2019年度のMX-5世界一決定戦は2019年10月以降にアメリカにて開催予定。

3)クラス分け

クラス名称 参加対象
GLOBALクラス MX-5世界一を目指すクラス※ドライバー1名で参加
EMBLEMクラス レースを純粋に楽しむことを目的としたクラス※ドライバーは2名まで登録可能

4)レース格式:JAF地方選手権「2019本州ツーリングカー選手権」※選手権タイトルはGLOBALクラスを対象。

5)参加資格:ASN発給の国内競技運転者Aクラス以上の所持者
※JAF以外のASNに所属するドライバーも一定の条件を満たすことで参戦可能

6)参加料:年間レース参加料:500,000円(税別) / スポットレース参加料:150,000円(税別)
※年間レース参加料には、各大会のレース参加料以外に、開幕戦の事前に行われる合同テスト参加費を含む。
※年間エントリーの受付期間は2019年2月1日~2月28日までとし、それ以降はスポットエントリーのみ受付。

7)参加可能車両:GLOBAL MX-5 CUP仕様車
・ベース車両:MX-5(日本名:ロードスター)北米仕様(2.0Lエンジン、左ハンドル)
※レース専用車のため、公道走行は不可。
※2018年はロードスターの商品改良により、北米では高回転域で出力性能を15%以上高めたエンジンを搭載するカップカー(ND2)を導入するが、日本ではコスト低減のため引き続き、商品改良前のカップカー(ND1)を継続使用。

・車両開発/製作:Long Road Racing社(USA)
・販売代理店:株式会社キャロッセ
公式サイト:http://www.cusco.co.jp/products/mazda_global_mx-5_cup.html

8)賞典:・賞金総額600万円 ※GLOBALクラスの各大会賞金(MAZDA賞)100万円、シリーズ賞金(BFGoodrich賞)100万円を設定
・成績上位2名に、アメリカで行われる世界一決定戦への出場権

  • 「GLOBAL MX-5 CUP JAPAN」<BR>2019年度暫定カレンダー発表
  • 「GLOBAL MX-5 CUP JAPAN」<BR>2019年度暫定カレンダー発表

◆「GLOBAL MX-5 CUP JAPAN」に関するお問合せ先:

GLOBAL MX-5 CUP JAPAN 事務局
(株式会社ビースポーツ内)
TEL: 03-5487-0736 
E-MAIL: info@mx-5cup.jp
公式サイト: http://mx-5cup.jp/

※写真やロゴデータなどの資料が必要な場合は上記までご連絡ください。

2019

2018

2017

2016